たくさんのゲームに囲まれた楽しい日常
2009.02.27 Fri
先週発売されたPSP「アイドルマスターSP
当初の予定通り「春香」のストーリープロデュースをプレイしていましたが、
昨晩無事にエンディングを迎えることが出来ました! わーい!

トロフィー3種ゲッチュ!

プレイ開始から約1週間でのエンディング到達。1ヶ月以上かかったAC版やXbox360版に比べて随分早くエンディングを迎えましたが、やはり続きの気になるストーリーの存在がプレイの原動力になったと思います。

ということで、今回は「アイマスSP」の感想を長々と書いてみたいと思います。
<多少のネタバレ注意!!>


感想を一言で述べるなら、
「ハード性能による劣化はあれど、ゲーム性はかなりアップ」
コレに尽きると思います。

前作Xbox360に対し、今回は携帯機のPSP。グラフィックの差はかなりのモノで、どうしても見劣りする場面は多々あります。特にライブシーンは「L4U!」でやたらと観る機会が多かったためか、どうしても違和感は拭えません。歌と口パクが全然合ってない点は×。
しかし、表情の追加やアップ多めの営業パート等、グラフィックの差を感じさせないようにする工夫は、個人的に大好きですね(笑)

反面、ゲームのシステム面はかなり良くなった印象を受けます。
各演出やオーディションの待ち時間等、360版でストレスを感じた部分はほとんど改善されていますし、選択肢の広がったスケジュール・オーディション前の曲や衣装チェンジ・スタイリストや記者との営業等、実に様々な部分に手が加えられ、360版に比べゲーム性は格段にアップしていると感じました。

レッスン・オーディションはどちらも難易度がアップ、前作経験済みでも戸惑ってしまうほどでしたが、プレイを重ねるうちに「そんなに難しくもないかな~」と感じてきました。
難易度アップというよりも、集中力を乱すと一気に崩れるバランス調整になっているような気がします。作業感を感じにくいので、個人的には○。疲れるけど(笑)

ストーリー面は、ベタなストーリーですが大満足!
今までのアイマスに足りなかったストーリー面が一気に向上した感があります。やはりライバルの存在は、物語を盛り上げる最高の要素ですね~。Gガンダムの「お前が強くなればなるほど俺も燃える! ライバルよ!」というセリフを思い出してしまいました(笑)
そして、春香の泣きのシーンがとても印象に残りました。思わず引き込まれてしまうほど感情のこもった演技、正直中の人を見直した(失礼)
まだ春香ストーリーを終えただけなので、他のアイドルの物語はまた違った雰囲気の物語かと思われます。まだ8人も残っているかと思うと、ワクワクが止まりません!


システム面の向上、萌え以上に燃えるストーリー、そして携帯機の持つ没入感・・・。
多少の不満はあれど、個人的にはとても大満足の仕上がりになっています!

アイマスサイコーッ!
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://frioc1.blog87.fc2.com/tb.php/304-55bc5eca
Template by まるぼろらいと