たくさんのゲームに囲まれた楽しい日常
2008.09.11 Thu
「らき☆すた」のコミック6巻を読んでいると、「ストリートファイター」ネタが出てきました。
「初代発売から20年余りか」というセリフを見て「そんなに昔だったっけ・・・?」と思い調べてみると、どうやら1987年発売とのこと。
・・・ああ、本当に20年も経っているんだなぁ・・・。歳とったなぁ・・・。

そんな中、昨日の9/10(水)XBLAで「真サムライスピリッツ 覇王丸地獄変」が配信されました。ちなみにこれは1994年発売
懐かしい・・・。本当は初代の方が好きなのですが、この際「真」でもいいや、購入!
やはり「真サムスピ」といえば「ナインハルト・ズィーガー」でしょう。ヴァー!
彼を選択し、いざCPU戦へ!

・・・ん~ラブリ~ん! 本当に難しいなぁ、SNKのCPU戦は。



ということで、「トラスティベル」日記第5回です。 <ネタバレ注意!!>

今回のプレイは「レント墓地」から始まります。
パズル要素のあるややこしいダンジョンですが、マッピングをすると大して複雑ではないことに気付きました。宝箱を回収し、ボスの「デスクロウ」もあっさり撃退、目的の水を入手!
しかし、これって子供のお使いなんですよね・・・。

場面は変わって、アンダンティーノのアジト。
ジルバとクラベスが、スパイの件について話しています。ジルバは、ファルセットをスパイと思い込んでいるようですが、クラベスがそれを否定、とりあえずは納得した模様。
その後ジルバが部屋から出て行きクラベスが一人になると、突如「ロンド」というフォルテ側らしき女性が現れました。
「バレそうになった時は迷わず殺れとのご命令だ・・・悪く思うなよ」
どうやら真のスパイはクラベスだったようです。しかも、既にファルセットには気付かれていたため、クラベスはここで消されることに。クラベスは死に際に様々な思いを口にして、最期には使命ではなく愛を選び絶命・・・。

・・・って、クラベス退場ちょっと早すぎませんか?
一緒に旅をした時間が2時間弱。特に思い入れもないまま死なれてもなぁ・・・。

ショパンの「幻想即興曲」が流れ第三章終曲第四章へ進みます。

第四章はポルカ達の視点で始まります。
雪の降るどこかのお城の庭で、ポルカは保護された時の事を思い出します。
ポルカ・ビート・ショパン・サルサの4人は、やたらと豪華な船に救出されました。その船の船長は「クレッシェンド」 このイケメン、確かPS3版の追加パーティキャラだったような・・・。
それはともかく、この豪華な船を探索していると、甲板に佇んでいるショパンを発見。
ショパンは14歳で亡くなった妹「エミリア」の事を語り始めました。なるほど、だからポルカは14歳なんですね。

意外に重要そうな会話が終わると、突如船に強い衝撃が!
恐らく海賊でも現れたのでしょう。長くなりそうなので、今日はここまで。
それにしても、今回はイベントばかりだったなぁ・・・。

早くみんなと合流したいものです

ルプリーズ発売まであと7日
<続く>
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://frioc1.blog87.fc2.com/tb.php/229-89edeef1
Template by まるぼろらいと