たくさんのゲームに囲まれた楽しい日常
2007.02.12 Mon
今日はニンテンドーDSの「世界樹の迷宮」の感想を。
発売日に購入して以来、ほんとーに少しずつプレイしてようやく第3階層まで辿り着いたところですが、そろそろ感想をまとめてみることにしました。ちなみに私はかなりの「Wizardry」好き(特に123)なので、同じ趣向の方の参考になれば幸いです。 公式サイト

結論からいうと、とっても楽しいゲームです。
ただし、遊ぶ人を選ぶゲームなことも確かです。序盤から難しめのバランスなので、最近のRPGに慣れている人は即全滅でしょうし、ストーリーやイベントも殆ど無く、システム的にも突き放している感があるので、途中で投げ出す人も少なくないと思います。しかしこの点はWizの良いところでもあるのでWizファンには全く問題ありません。

Wizファンからみた不満点は、顔グラフィック・ドロップアイテム・レベル制限あたりかと。
顔グラフィックは1職業につき4種(男女2種ずつ)とあまり多くないので、キャライメージをしっかり考える人にとっては正直邪魔者です。しかも、戦闘の際に毎回表示されるので無視できるものでもありませんし。表示OFFが出来れば良かったのですが。
敵が落とすアイテムは基本的に素材のみで、素材が集まれば武器屋に新武具が用意されるという仕組みです。これもWizで村正等を必死で集めていた人には不満です。鑑定の楽しさも無いですし、アイテムが出たときの喜びが半減です。
レベルも70がMAXとのことで少々残念です。最深部でダラダラ戦闘を重ねレベルを上げまくった思い出がある人にはこの点も不満が出ると思います。他にもLRボタンでステータス画面が切り替えられない点などの操作部での不満もいくつか目立ちます。

ただ、これらの点を含めても楽しいゲームであることは間違いないと思います。そもそもこれはWizではないし、スキルの選別やF.O.Eの緊張感など独自のシステムも良くできています。携帯機との相性もバツグン、なによりDSならではのタッチペンでのマッピングは想像以上に楽しいです。GBでWizをプレイしていた人には特にオススメの1本です。
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://frioc1.blog87.fc2.com/tb.php/19-1fe07e90
Template by まるぼろらいと