たくさんのゲームに囲まれた楽しい日常
2008.10.17 Fri
延期になっていたXbox360「オトメディウスG」の発売日が、11月20日(木)に決定!
いや~、ようやく決定しましたね。何とか年内に発売されるようで、ファンとしては嬉しい限りです。さて、ゲーセンで練習してくるか。



ということで、「スパロボZ」日記第3回です。 <ネタバレ注意!!>
前もって「のんびりとプレイ」とは言ってありますが、本当にのんびりやってます。


●第7話「月の女神」
第6話に続き「∀ガンダム」がメインの話ですが、相手はゲテモノガンダムと呼ばれる
・ガンダムヴァサーゴチェストブレイク
・ガンダムアシュタロンハーミットクラブ

の2体。何となく好きです、この2体。
とりあえず、ローラの乗る「∀ガンダム」でザコを倒していると、味方の増援が登場。その中にはソシエメシェーの乗った「カプル」の姿も。発掘したばかりだというのに、ランドがメンテをしたおかげで即実戦に投入することになりました。さすが修理屋。
さらには、エニルや第3勢力のディアナカウンターが現れて混戦状態に。そんな中、必死の思いで「ガンダムヴァサーゴCB」を倒したあたりで、遂に「ディアナ様」登場!
そのまま戦闘は終了。随分と敵を残してしまった、もったいない・・・。


●第8話「天翅の記憶」
このステージは「創聖のアクエリオン」がメインの話。
実はアクエリオンは観ていないので、「1万年と2000年前から愛してる」事くらいの知識しかありません(笑)
割と強めのザコ「ケルビム兵」と戦っているうちにイベントが発生、「アクエリオンルナ」が「ソーラーアクエリオン」へと変形。どうやらゲッターロボのように色々な合体パターンがあるようですね。とりあえず、合体シーンがエロいということは理解(笑)
増援の仲間と協力し、敵を全滅。特に問題のないステージでした。
何かどさくさでハリーギャバンが仲間に加わりました。ハリーはともかく、やはりギャバンは戦死するのだろうか・・・?


●第9話「世界の終わりの日」
引き続き「創聖のアクエリオン」がメインの話。
いろいろやっているうちに、アクエリオンが必殺技「無限拳」を使えるようになりました。
戦闘アニメが非常にカッコイイ点もステキですが、それ以上に「射程1~14」という点がステキすぎます。いやぁ、「アクエリオン」観たくなってきました。
敵は多少強めでしたが、主人公達と協力して何とか全滅。
すると、イベントが発生。いきなり「超時空世紀オーガス」のシーンになり、時空振動弾が発動。何やら大変なことになりました。


とりあえず、今回はここまで。いつものようにメンバー一覧の写真でも・・・。

寂しい・・・

・・・誰もいない・・・。

第9話まで終了
<続く>
2008.10.07 Tue
以前記事にしたアニメの件ですが、先日無事観終えました。
ほのぼの系から殺伐とした内容まで色々とありましたが、どれも面白い作品でした。
現在、続きのDVDをの~んびりと鑑賞中です。

ところで今更気付いたのですが、オススメのアニメ、どれも美少女ばかりなんです。
私も含め、みんな美少女好きだな(笑)



ということで、「スパロボZ」日記第2回です。 <ネタバレ注意!!>
男主人公「ランド」の暑苦しさがクセになりそうです。

今後も行く先々で言われるのだろう


●第3話「掟破りの助っ人達」
基本的には前回の話の続きで、「キングゲイナー」勢がメインのお話。
敵の数が前2話に比べそれなりに多くなっています。素早く撃退することでSRポイントを入手できるのですが、それに伴い難易度も上がるとのことなので、無理はしない方針で進めることにします。
しばらくすると、ヤッサバ隊長とそれを迎え撃つゲイナーが登場、それぞれのオーバースキルを披露してくれます。カッコイイ!
しかし、その後命中率80%以上なのにやたらと外しまくるゲイナー。カッコワル!
こんな感じでいろいろありましたが、難易度的には簡単だったので問題なくクリア。

忘れていましたが、この回で「戦闘メカ ザブングル」の面々が合流、一気に昭和臭くなりました(笑) ザブングルの「ファットマン」とランド・ゲインの会話は、本当に暑苦しい。


●第4話「それぞれの旅、それぞれの事情」
まだまだ続く「キングゲイナー」エピソード。ファンとしては嬉しい限り。
前回同様、敵の数は多めですが比較的簡単な印象。変わったところといえば、仲間ユニットが小隊を組んでいたこと位。敵が単機の為、少々頼りないユニットでも大活躍できます。なるほど「小隊システム」面白いですね。
肝心なところでゲイナーが攻撃を外したので、遂に初リセット。
・・・コンティニューが早えぇーーッ! 早過ぎてビックリ。

この話で、敵側のヤッサバ隊長が占い師の少女と共に退場。占い師の少女を出してくれたスタッフに感激!


●第5話「ムーン・ライダーズ」
突如発生した時空のねじれから、「交響詩篇エウレカセブン」のゲッコーステイトの面々が登場。まだ主役のレントンがいないので、原作第1話以前の状態のようです。
とりあえずホランドエウレカを敵の中に突っ込ませ、反撃で敵を倒しまくり。予想通りよく避けてくれます。
この回も数が多いだけで敵自体は弱く、特に問題なくクリア。すると、再び時空のねじれが発生し、ゲッコーステイトとはぐれることになります。単なる顔見せか!

ところで、エウレカのビジュアルはストーリーに合わせて変化するのでしょうか?
個人的に、原作中盤の「短髪眉なしエウレカ」が好きなんです・・・。


●第6話「祭りの夜に」
時空のねじれに巻き込まれ主人公達が辿り着いた場所は北アメリア大陸。
今回は「∀ガンダム」がメインの話です。
原作同様、石像の中から現れる∀ガンダム、大量のウァッドを相手に∀ガンダムの強さを見せ付けてやれ!
・・・と思ったのですが、∀ガンダムがあまり避けてくれない、ウァッドが小隊を組んでいる為∀ガンダムでは効率が良くない、等の理由であまり活躍できませんでした。まぁ、原作同様徐々に強くなることに期待します。
クリア後のバザーで「ブリキの金魚」を購入。これは必須だな。

小隊システムは、自軍で使う分には楽しいのですが敵も使い出すと面倒だな・・・。


とりあえず、今回はここまで。ユニットも増え面白くなってきました。

ランドの顔、見飽きた

第6話まで終了
<続く>
2008.09.30 Tue
昨晩から、先日購入したPS2「スーパーロボット大戦Z」を始めました。

かなり大ボリューム(という噂)のこのゲームを最後までプレイする為には、何といってもモチベーションを保つことが重要。ご存知のとおり、「トラスティベル」はプレイ日記を書くことでモチベーションを保ち、無事クリアへと漕ぎ着けることが出来ました。この経験を生かし、この「スパロボZ」もモチベーション維持の為プレイ日記を書いてみようと思います。
ちなみにプレイ頻度は、一気にプレイした「トラスティベル」に比べると、かなりゆっくりになると思われます。長い目での~んびりと見てやってください。



ということで、「スパロボZ」日記第1回です。 <ネタバレ注意!!>

ゲームをスタートさせると、本編の他にチュートリアルのメニューが。
私が最後にプレイしたスパロボはPS版「α外伝」なので、かなりのブランクがあります。ここは素直にチュートリアルを選択。ハゲのオッサンがシステムを丁寧に教えてくれます。
しかし、以前に比べると随分と親切になったものですね。セレクトボタンのヘルプ、□ボタンで用語解説、メッセージの自動送りやバックログ、戦闘シーンの早送り・・・。
・・・などと感心している間にチュートリアルは終了。いよいよ本編開始です!

まずは主人公選択。
「やっぱギャルでしょ!」とも思いましたが、フレンドのばるすさんが既に女主人公「セツコ」でプレイしているようなので、私は男主人公「ランド」を選択。名前・誕生日・血液型は面倒なのでそのままでいくことに。

ガロードが代弁してくれました

・・・暑苦しいなぁ・・・。


●第1話「さすらいの修理屋」
修理屋を営む「ランド&メール」と「機動新世紀ガンダムX」の「ガロード」が出会い、
そこに荒くれ者が襲撃してきたので共闘、といった流れ。
第1話ということもあり敵は非常に弱いので、主人公機である「ガンレオン」のアニメを一通り観賞することに。
・・・スゲェよく動く・・・。
「始めからクライマックス!」と言わんばかりのド派手さに圧倒、「ガンガンレオン♪ガンレオン♪」というBGMに唖然としました。
そんな感じで、ガロードの出番は殆ど無いまま敵を全滅。
すると、イベントが発生し「オーバーマン キングゲイナー」の「ゲイン」が実にかっこよく登場しました。おお~。
まだまだ序盤なので、特に改造もせずに次のステージへ。

しかし、このランドの熱さは異常です。スパロボってこんなノリだったかなぁ・・・?


●第2話「旅立ちの日」
このステージは、ほとんど「キングゲイナー」第1話をなぞった内容。
キンゲ好きな私は非常に大喜びですが、原作を知らない人には少々わかり難い内容かもしれません。このステージも敵が弱いので、今回はガロードを活躍させて無事終了。
このステージで仲間に加わった「キングゲイナー」は、作品的に大好きなのでひいきにする予定。ですが改造はしばらく保留。

とりあえず、今回のプレイ終了時のデータを写してみました。

もっとユニット欲しい!

第2話まで終了
<続く>
Template by まるぼろらいと